子なし夫婦の実家帰省事情と贅沢な悩み。今年は義父が…そして年が明けた

アイキャッチ画像夫婦二人暮らし

予定は急に変更になるものだ。しかも今回は止むを得ない。

2018年の年末は急遽予定変更となりました。

 

当初の予定はこんな感じ。

①先に夫の実家へ一緒に行く

②夫はそのまま義実家へ宿泊。私は自分の実家へひとりで帰り宿泊

③翌日の夜、夫が私の実家へ来て合流

④ご飯を食べて年内には自宅に戻る

 

年始から仕事やらなんやらお互いやるべきことが溜まっているので早めに帰ろうと話していました。

で、結局①〜④すべての予定が変更になったという。

 

少し前に義父の様子をブログに書きましたが、あれから今まで体調が悪いままなんです。

脱毛も始まり、食欲も水分もろくに取れず、高熱が続いて体も痛いと。

義母曰く来てもあまり相手できなくて、別の兄弟カップルの訪問も断ったとのこと。

 

一目でも会えればいいなと思っていましたが、さすがに押しかけるのが気の毒で訪問予定をキャンセルしました。

 

最近はネガティブな発言も増えて、あまり人に会いたくないんだとか。

そりゃそうだな〜と。一番しんどいよね。

 

このような事情から私が義実家へ訪問する予定はなくなりました。

 

順序も代わり、先にふたりで私の実家を訪問しご飯を食べて、夫だけ自分の実家へ帰ることに。

 

今は義父の体調に合わせて行動するしかないし、義母も心労が溜まっている&パートの仕事が元旦から連日続くので私が行くと気を遣わせるかなと思い諦めました。

 

1月に再入院して抗がん剤治療が再開するので、入院中にお見舞いに行けたら良いなと目論んでいます。

義父が拒まなければね…。体調の都合はあるかもしれないけど。

 

実家へ帰ると恒例のおもてなし祭り

いつも私の実家に夫を連れてくると張り切って色々なご飯を用意する両親。

事前に「もう**以外はいらないから!そんな食べないから!」と強く電話で伝えているのに食べきれない量の食べ物を準備するんですよね。

 

サラダ、刺身、だし巻き卵。奥の野菜は…

実家の年末食卓

 

すき焼き用。

実家すき焼き

 

夫に限らず来客訪問時はいつもこんな感じで大量。

そして年末だけは良い肉を買ってくる。

実家すき焼き

実家すき焼き

 

この時点でお腹がはち切れそうなのにさらにケーキ&コーヒーも。

胃が破壊寸前…

 

夫も途中で満腹であることを申し出て、区切りの良いところで自分の実家へと向かいました。

 

次の日もとにかく多種多様なものを提供してくる私の親。

前日のすき焼きその他の胃もたれが残っていたけどフレンチトースト…

フレンチトーストと柿

これは朝ごはんで、お昼はキムチチャーハンをお茶碗一杯分食べました。

 

その後は焼き菓子&コーヒー。

 

からの夕方からなぜかフライングでおせちを食べなさいと言われる。この日は12/31。

おせち包み

 

量がもう。

おせち

 

なぜ12/31におせちかというと、毎年注文しているお店から元旦の前日に届くから。

ということだけではなく。

 

当初、私と夫の訪問予定は12/31でした(実際は12/30)。

事前にいらないって伝えていたのに、良かれと思って多めに注文してしまったらしい。

 

い、いらないってば…と思いつつ悪気はないので出されたら食べるしかない私。

なんか断りづらいんですよね〜〜〜

 

そして、まさかのここからお好み焼き。(小さめ)

食べかけのお好み焼き

 

締めはもちろん年越しそば。

年越しそば

 

我輩はもう限界である。と思いながら締めにみかんを食べました。

 

さすがにもう無理。

父方の祖母が「子供にはケチらず食べ物を与えよ」という方針だったこともあり、子供の頃からわりと食卓に並ぶ量は多いほうでしたが、ここに来客も加わるととんでもないことになりますね。

いや贅沢な悩みかもしれませんが、事前に伝えたことが全くなかったことになっているのはどうにかならないか…

 

ちなみに夫からも実家で美味しいものを食べたと報告がありました。

義実家の年末食卓

かに。好きだもんね〜(私は苦手)

かに

きんぴらごぼう
きんぴらごぼう
モツ煮らしきもの
モツ煮

 

両親と一緒に過ごせたみたいでよかった。

義父はあまり呼びかけにも反応できず食べてなかったみたいだけど…

 

このように、我が家は子供がいない分融通は効くので、今回は義父を中心に予定を立て直し年越しを別々に過ごすことになりました。

 

ぼけっとしていたらあっというまに2019年になっていた

お互い実家で気の抜けた過ごし方をしていたので、特に0時を一緒に祝うでもなく夫は2018年のうちに眠りこけ、私はタキツバのラストステージを見てエモくなっていました。

(ジャニヲタ歴はありませんがもろあの世代だった)

 

ただ、これ以上実家に長居はできません。

お互いやるべきことが年始からたっっっくさんあるのです。

 

二人暮らしの自宅に戻ったら早々にお正月モードから切り替えて、今年一年も夫婦で協力しあい頑張っていこうと思います。

家族みんな、新しい病気の発覚や怪我がありませんように。

 

親関連

>>最近認めたことは、親は急に弱る生き物なんだということ

コメント

タイトルとURLをコピーしました