【#楽天マガジン月額380円】《個性豊かな国内外クリエイターのおうち》心地いい暮らしを拝見

楽天マガジン おすすめ楽天マガジン

雑な感想シリーズ《最近楽天マガジンで見た雑誌について》②

 

Love My Homeがテーマの「SUPR(シュプール7月号)」

ステイホームが板についてきたこの頃。

一番長く過ごす空間「自宅」のインテリアについて、今までテーマも強いこだわりもなくおざなりにしていたなと思いました。引越し回数が多いのも多少関係しているけど。

さすがに1ヶ月以上自粛生活が続くと、少しはこだわりたいという気持ちが湧いてきます。

しかし、いきなり飾り立てようにもセンスの引き出し・アイディアがゼロなので、手始めにインスタやブログでインテリアの写真をチェック。その後はピンタレストやYoutubeも見るように。

日本人は「ミニマム・シンプル・スッキリ・ナチュラル・無印・IKEA・ニトリ・モモナチュラル・北欧・グレー・モノトーン・韓国風」

このあたりが定番のような気がします。一概には言えませんが。

 

いろんなインテリアを見続けて感じたのは「自分はなるべく物を増やしたくない割りに、ある程度物に囲まれている空間の方に魅力を感じる」ということ。

殺風景な部屋は実際暮らしていく中で掃除のしやすさなどメリットがあり、自分自身はそれ寄りの部屋作りを意識していた気がします。

家事やメンテナンスの手間は少ないけど、実は心の奥底では好んでいないのかも..?

 

それがわかってきたタイミングで見た「SUPR(シュプール7月号)」の世界で活躍するクリエイターたちのおうち特集はとても面白味がありました。

序盤は海外クリエイターの部屋が中心。個性が大爆発していてとても好き。

それぞれ自分にとっての最適とは何か、明確な答えをもっているのが伝わります。

海外の住まいを見た後に日本人クリエイターの部屋をみると、良い意味でやっぱりシンプルだな〜と感じます。(それはそれでとてもセンスがよく品もある)

 

イエマガの「海外ドラマの間取りとインテリア 」特集も面白い

雑誌の話から逸れるけど、映画で言うと個人的には「ブリジットジョーンズの日記」のブリジットの部屋が大好き。

そのブリジットの部屋の《間取り・インテリア》を解説している面白いサイトを見つけました。

他の映画についても連載されているので、少しづつ読み進めているところ。

*ブリジットの部屋記事はこちら

 

イエマガの《間取り・インテリア解説》を見て気になった作品を観賞するのも、いろんな発見があって楽しそう。

Amazonプライムビデオで観れそうな映画・ドラマが多いので今度観てみよう!

 

 

Amazonプライムビデオ 無料体験はこちらから↓

>>プライム・ビデオで人気の映画をチェック!

 

おうち時間での”気づき”や、それぞれの”心地いい暮らし”

SUPRの特集は、「あなたにとって心地いい暮らしとは?」「ステイホーム期間中、自分の中で変わったことは?」といった質問に対するクリエイターたちの回答も見所。

ポジティブな考えをシェアしてくれるので、気持ちが軽くなります。

 

まずはあれこれインテリア雑貨を購入する前に、自分にとって、また一緒に暮らしていく夫にとっても「心地いい暮らし」とはなんなのか、イメージするところから始めていこうと思います。

瞑想デビューしようかしら。

 

たぶん私の場合、40代くらいまでは掃除のしやすさ重視で、インテリアにこだわるのは50代以降かなという気がします。

 

***

 

月額380円の楽天マガジン、2年以上継続中。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました