【友人と初オンライン宅飲み】思っていた以上に楽しい&リフレッシュできた

その他おすすめ

自分では自粛疲れしていないと思っていたけど…

先日、10代の頃からの友人たちとオンライン飲み会しました。

 

22時スタートで「0時には寝よう!」と予め話していたのに、結局終わったのは1:00頃。

初めてオンラインで宅飲みしてみたけど、久しぶりに夫以外の人と色んな話ができて脳内がスッキリ!

これが例えば仕事仲間と盛り上がりたいか?といえばNO。

昔からの友達とのおしゃべりは自然体で笑えてリラックスできるんですよね〜。他人の悪口で盛り上がることがないのもいい。

普段夫ともくだらない話から真剣な話まで毎日言葉を交わすけど、それとは全くの別物。

他愛もないおしゃべりの価値に改めて気づいてしまったかもしれない。

正直、会話が終わって気分爽快な自分に驚き。もしかして知らず知らず「自粛ストレス」を感じてたのかな?

 

子持ち、独身(基本海外住まい)、既婚子なしと見事に属性が異なる私たち。

だけど、「子供の話ついていけない〜」「独身の気持ちわからん〜」みたいにはならない。

「子供作らないの〜?」という質問は、一切悪気なく純粋に聞かれる。そして毎回その時思っていることを素直に伝える。10代の頃から「○才で子供欲しいから○才には結婚してたいよね〜〜〜」とか話していた仲なので偽る必要もない。

 

みんなの家族が元気であることも知れて安心したし、自分の知らない世界の話を聞くのは面白い。あと、途中お互い趣味で作成したものを見せあって感想を言い合ったり。

何気ないこの感じ、できればおばあちゃんになっても続けたい。

 

ちなみに我が家にはお酒がないので、私だけ終始水を飲んでいました笑

それでも何も罪悪感がないのが私的オンライン飲みのメリット。

居酒屋等の飲み現場にいるとなんやかんや飲まざるをえないので、お酒が得意じゃない人でも余裕です。

 

Zoomより「たくのむ(オンライン飲み会サービス)」が手軽でおすすめ

今回の宅飲みは話題のビデオ会議システム「Zoom」ではなく、「たくのむ」というオンライン飲み会サービス利用しました。

それぞれメリットデメリットありますが、たくのむはアプリのダウンロード不要で参加者招待が簡単。

飲み会時間をお好みで設定して「飲み会ルームを作成する」を押下(時間設定なしでも作成OK)↓

表示されたURL or QRコードを参加者に共有↓

あとは参加者側で名前を入力してちょこっと操作すれば、飲み会ルームに自分の顔が映し出されます。

途中で新しい人を追加して飛び入り参加的なこともOK。

 

50年後、私がおばあちゃんになる頃にはどんな手法で飲み会できるようになっているのか。

こんな世の中でも未来のことに興味が湧いてきます。何気ない会話を楽しめる世界であってほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました