【バレンタインチョコ】手作りをやめた理由5つ。現在は購入派の私が思い出とともに語る

Valentineイメージ考え事・ボヤき

バレンタインチョコは手作り派と購入派、それぞれいらっしゃいますよね。

私は現在「購入派」。

昔、特に10代の頃はバレンタインデーになにかと気合が入っていて、チョコやスイーツを手作りしていた時代もありました。

本命用、友達・義理用それぞれ異なるものを作ったりして。

 

ですが、ある時期から徐々に手作りをしなくなり、結婚後は完全に購入派へ移行しました。

Valentineイメージ

 

理由はいくつかありますが、ざっくり5つですね。

 

【1】普段一切作らない人間が急にお菓子を手作りするとほぼデメリットしかない

実家に住んでいた頃なんて、親に甘えっぱなしでお菓子作りはおろか料理すらまともにやってこなかった私。

そんな人間がバレンタインデーだからといって手作りをしてしまうとロクなものが出来ないですし、当時を振り返っても実際デメリットだらけでした。

 

・スーパーで売り切れの材料や可愛い形の型を買いにわざわざ休日の激混みロフトor東急ハンズへ行って、作る前から疲弊する

・キットのほうが楽チンなのに、謎の完璧主義を発揮して一から作ろうとナチュラルに自分を追い込む

・一発目は失敗する想定で規定の2倍以上の材料を購入するため費用がかさむ

・手作りに不慣れで段取りが悪く、レシピの所用時間どおりに終わることがあり得ない

・単純にチョコを溶かして固めるだけでもうまくいかない

・一発で完成せず作り直し

・ひどいと夜中まで作業して寝不足に陥る

・洗い物がしんどいし普段やらないので、片付けの効率が悪く時間がかかる

・ラッピングのセンスがないうえに、疲れたあとで雑になりがち

・普段使わない材料(チョコペンや、ココアパウダー・粉砂糖などの粉末系)が大量に余ってしまう

 

こんな風になってしまうのは私だけかもしれませんが、ほんとロクなことがない。笑

Valentineイメージ

手作りして良かったこともあったはずなんですけど、デメリットに埋れ過ぎてでてこない…

 

【2】家族へ迷惑をかけてしまう

実家で手作りしていたときは、毎年家族に迷惑をかけていたような気がします。

 

・ひとつしかないキッチンを長時間占領

・見た目が良いものだけを他人に渡すため、捨てるに捨てれなかった失敗作を食べさせてしまう

・色々なところがベタベタしたり、粉類が床に落ちていたりする

・作業音がうるさくて、寝ていた兄弟から苦情が入った

 

改めて振り返るとなかなかひどいもんですね〜。

特に「失敗作を食べさせる」とか可哀想。ごめんなさい。

お詫びイメージ

 

【3】ホワイトデーのお返しが手作りだったときは、正直テンション下がりまくった

過去に2回、男性からのホワイトデーのお返しが「手作りスイーツ」だったときがありました。

これは当時の職場での出来事で、女性陣はパートのおばさんが仕切って全員から費用を徴収し、購入品をお渡ししたんです。

バレンタインイメージ

ですが、ホワイトデーのお返しが、まさかの男性自ら作ったものだったのです。

男性から手作りスイーツをいただいたのはこのときが最初で最後。ちなみに2名から。

 

想定外で一瞬フリーズした直後、めちゃくちゃテンション下がりました。笑

 

A氏の場合:生焼け

アラサーのA氏は、手作りのガトーショコラ的なものをラッピングして女性陣に配っていました。

独身・彼女なしのため、作業は完全に彼一人で行ったものと断定。

(収入が少なく、あまりお金がないタイプでランチはカップラーメンがデフォ)

 

一応、食べました。

ただ…真ん中あたりが生焼けでした。

Valentineイメージ

半分くらい食べてから気づき、残りはどうしたかというのはご想像にお任せします。

 

B氏の場合:なんか不安

B氏からは、何か忘れましたが焼き菓子系が配られました。

彼は40代の既婚・子持ちでお子さんと休日に手作りされたとのこと。

大変申し訳ないのですが、聞いた瞬間「マジか」と思いました。

Valentineイメージ

ここで私はたまにしか発症しない潔癖症が発症し、ふたりとも手は洗って作業したのかとか、子供とおしゃべりしながら作ってなにか混ざってしまってないかとか、超超超余計な心配が溢れてきました。

(失礼でごめんなさい)

量が少なかったからか確か食べれたと記憶していますが、気持ち面は微妙でした。

 

C氏:一番嫌いなおっさんが神だった

ここで書いているA氏、B氏、C氏はすべて同じ職場の男性です。

C氏は私が大嫌いなおっさん上司なのですが、この男、百貨店系ブランドで購入したチョコをひとつひとつそのブランドのショッパーに入れた状態で女性陣に渡してきたのです。

Valentineイメージ

なぬ…!?

アンタ普段無神経極まりないくせに、意外にやりおるな…!!

この瞬間だけはそのおっさんのことを認めざるを得ませんでした。

 

ありがたみあり過ぎ。

仲良くしたり助けてもらっている男性からの手作り品より、嫌いなおっさんからもらうデパート系既製品の方がよほど嬉しかったというのが正直な感想でした。

ゲスですみません。

この経験から、自分があげる側のときも「購入品の方が相手も喜ぶのでは?」という考えにシフトしていきました。

 

【4】ある男性から極端な例を言われ、妙に納得してしまった

以前、知り合いの男性と話していたとき、

「手作りと購入したチョコ、どっちのほうがもらって嬉しい?」

という話題になりました。

 

俺がホワイトデーのお返しにアクセサリーをプレゼントする場合

・4℃やヴァンドーム青山の既製品アクセサリー

・どこかの工房にこもって、上記ブランド以上の費用をかけて一から手作りしたアクセサリー

どっちが嬉しい?

そういうことだよ!!

 

これを言われて、極端だなぁ〜と思いつつ、断然既製品が嬉しいだろうと感じた私。

工房イメージ

その男性がアクセサリーを作っている姿を想像したら笑ってしまいました。

何気ないこのやりとりが、手作りを完全にストップするトリガーになった気がします。

 

【5】手作りしたのに肝心の相手に渡せない

慣れない作業を経てどうにかうまく仕上がったバレンタインチョコ。

若い頃の話ですが、せっかく作ったのに渡す時になって躊躇してしまい、結局本命男子に渡せなかった経験があります。

他の人からもらっている姿を当日目撃したときなんか、まぁ引っ込みますよね。自分に自信がなさ過ぎて。

バレンタインイメージ

で、結局自分で食べるか、話戻りますが家族に食べさせるという結末。

家族のみんな、ほんとゴメンm(._.)m 笑

 

失敗の連続で全然甘くなかった – 手作りバレンタインデーの思い出

手作りしたものがどうにも形にならず、当日になって市販のバレンタインチョコを求め、余分な費用&労力がかかったこともある私は、今後手作りをすることはないでしょう。

(ここまでひどいのって自分くらいしかいないのでは…汗)

 

そういえば、実家で過ごしていた時代は父や兄が職場等でもらって帰ってきたチョコを女性陣で食べるというイベントがありましたが、その時も断然既製品の方が嬉しかったのを思い出しました。

 

普段から料理好き・お菓子作り大好きという方からもらう分には喜ばしいですが、(私くらいの底レベルな)ド素人の手作りはあまりオススメできないなと。

個人の自由ですけどねー。

失敗も含めて自分自身が作る工程を楽しめる人ならそれはそれでいいのかも。

Valentineイメージ

私は性格上うまくいかないと自分に対してイライラしてきちゃうタイプなので、あまり楽しめてないことの方が多かったなぁ。

 

結婚後の今となっては、通販で人気ショコラティエのバレンタインチョコを購入したり、何にも追われず(というか自分で追い込まず)にゆったり過ごすことができています。

ホワイトデーには、夫がセレクトしたお店の美味しそうなチョコレートを一緒に食べて楽しむスタイルが定着しています。

 

プロのが作ったものは味だけでなく見た目も香りも繊細ですし、有名ブランド系ならパッケージも込みであれこれ選ぶ時間が楽しい。そしてもらったときにただただ素直に嬉しい。

我が家ではときどき「餅は餅屋」という言葉が出てくるのですが、バレンタインチョコに関してはまさにこれに該当するなぁとしみじみ思います。

 

今後も購入派は継続決定です。

 

そんなズボラな手作り苦手マンの私が今年セレクトしたバレンタインチョコは以前ブログにアップしたので、よければ覗いてみてください♪

バレンタインチョコ関連

>>【売れ筋】人気バレンタインチョコ( おしゃれ/和・酒テイスト/キャラ/ピンク/猫)
外さない百貨店ブランドから選りすぐり

>>1月なのに売り切れの可能性!?
「大丸松坂屋」の上質バレンタインチョコ5選〜試食済みの私が厳選ピックアップ〜今年は通販購入♪

ホワイトデー関連

>>【300~1000円以下限定】ホワイトデーお返し用「百貨店スイーツ」を30代女性が厳選!
低価格でもガッカリさせないポイントは?

>>【1000〜2000円以下限定】華やかで上質な「百貨店ホワイトデーお返し」スイーツ集。
低価格で春のプチギフトにも◎ 
← NEW

>>【400〜1000円台プチギフト】30代女性の私がおしゃれ&可愛いプレゼントを厳選♪
ちょっとしたお祝いやお返しに◎ ← NEW

コメント

タイトルとURLをコピーしました