年に一度のAmazonビッグセール!

プライムデーは〈10/13 火・14 水〉2日間! 注目商品多数♪

Amazonセール会場はこちら
プライム・ビデオ

【プライムビデオ】本当に面白かった映画・ドラマだけ挙げる -2020上半期-

面白いおすすめ映画(邦画・洋画・ドラマ)プライムビデオプライム・ビデオ

【アマゾン プライム・ビデオ】おすすめ映画を厳選

2020年上半期、「Amazonプライムビデオ」で観た映画・ドラマの中で面白かったものだけ薄くてテキト〜な感想とともに挙げていきます。

 

2018年Ver.はこちら↓

2019年Ver.はこちら↓

 

*過度な「ネタバレ」表現はないようにしているつもりですが、ネタバレ表現が含まれている可能性がありますのでご注意くださいませ。

 

Amazonプライムビデオ 無料体験はこちらから↓

 

洋画

ベスト・オブ・メン〜人間の最高〜(1時間29分 2015)

2020年マイベスト映画はこれかもしれない。

イギリスが舞台で、パラリンピック発祥について知ることができる実話ベースの物語。

先生のキャラが爽快で面白い! 看護師たちの絡みも最高。観るたびに好きになっていく映画。

最後の最後にグットマン先生本人の顔写真が出てくるのだけど、演じている俳優さんとかなり似ている。

 

ヴィンセントが教えてくれたこと(1時間42分 2015)

乱暴でひねくれたおじさんの心優しい一面を知っていく少年。

その事実を皆に伝えるあの場面がとてもよかったので、その部分だけリピート鑑賞。

ヴィンセント役の人、どこかで見たことあるなとモヤって調べたらゴーストバスターズに出てたんだ。すっきり!

 

100歳の少年と12通の手紙(1時間45分 2010)

観る前から「これは泣ける」と確信したうえで鑑賞。実際滝のように涙が流れた。

フランス系映画はたまに不思議な演出が入るけど、それはそれで記憶に残りやすい。

 

過去に観た仏映画で印象に残っているもの↓

「ぼくのバラ色の人生」

トランスジェンダーの子供が母親に放ったあの一言が衝撃的すぎて、この映画を観たのは10年以上前だけどいまだにそのシーンが脳内に残っている。

 

もうひとつは「8人の女たち」

プライムビデオでは観れないみたい。登場人物が女だけというのが珍しい。

 

Marley & Me
マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと(1時間55分 2008)

「プラダを着た悪魔」や「31年目の夫婦げんか」と同じ監督の作品。ベストセラーエッセイを基に作られた映画で、犬が出てくると子供向けと思いがちだけど実際は大人(夫婦)中心のストーリー。

子供を持つ持たないの話し合い、産後うつなどの描写があるので、逆に子供と一緒に観るのはおすすめできない。

成犬になった暴れん坊マーリーと一緒に撮影する俳優さんたちは怖くなかったのだろうか。

最近、飼い犬に噛み殺されるニュースを見たので映画と無関係の部分が気になった。

そういえば、我が夫(大の犬好き)から「このシーンから別の犬に変わったね」と言われても、私には一切違いがわからなかった笑

 

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~ (1時間58分  2018)

いかにもアメリカのコメディ映画らしい内容。でもいいんです、私それが好きなんで。

弟のおっちおょこちょいレベルに思わず吹いてしまった。

 

マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(1時間38分 2017)

シングルマザーとして子供を産む決意をしたから友人男性に精子提供を求める、というぶっとんだ設定から展開していく三角関係。

ジョンのクズぶりにイラっとしつつも、結末は「少しだけでいいから続きがみたい」と思わせてくれる終わり方。

サブタイトルの「幸せのあとしまつ」ってこういうことか〜と納得。

 

マイ・インターン(2時間6分 2015)

そのうちプライムビデオに出てくるだろ と思っていたら、いつの間にか追加されてた!

アンハサウェイ主演ということ以外何の前知識もなく鑑賞。

インターンってそういうことだったのね。ストーリー自体に深みがあるわけではないけど、映像がオシャレなのでそれはそれでまた観たいと思えてくる。

 

邦画

二重生活(2時間6分 2016)

相変わらず邦画はあまり観ていなくて、今年の上半期は1作品だけ鑑賞。

不気味なストーリー。見始めると目が離せなくなり、最後はゾワっとした映画。

 

ドラマ

GTO(1998)

漫画は全巻読破済み、リアルタイムでも観ていたはずのGTO。記憶力が衰えすぎて全く思い出せず、初めて観ましたと言えるくらい新鮮な気持ちで観た。

予想外に5回くらい泣いた。料理中に流し見していたわりには多い。玉ねぎ切る前から涙を流すって…

「お姫、お怪我はございませんか?」かっこいいわ。

鬼塚と冬月先生の絡みでニヤニヤ。中尾彬の顔芸(?)も爆笑。漫画読み返したくなってきた。

 

そういえばエンディングでPOISONの作詞が反町隆史本人だったことを今更知って震えた…現代でもいじられ続ける名フレーズを生み出した天才。

 

結婚できない男(2006)

絶賛夏美さんロス中。最終回の夏美さん、乙女の部分が爆発してて可愛すぎる〜。

続編の「まだ結婚できる男」は観たくない。観る気が湧いてこない。

夏美さんがいないなら興味ない!

心底どうでもいいけど個人的に毎回注目していたのは、ミラクルダサいエイジ(塚本高史)のファッション。

誰か同じ人いませんか。

 

のだめカンタービレ(2007 全3シーズン)

のだめは現在進行形で観てる。

昔実家に3巻まで漫画が置いてあって、読んでみたもののあまりハマらず。漫画の実写化はどちらかというと苦手でドラマも観たことなかったけど、アニメののだめは好きになれた。

漫画の世界観が著しく壊されることなく、音も含めて楽しめるのがアニメの良いところだと思う。特に音楽系は紙ベースよりアニメの方が面白い。

最初は料理中にひとりで観始め、そのうち食卓にまで持ち込むようになってしまった。

そしたら夫も一緒に観るようになり、今では「のだめ観ないの?」と私に催促してくる。

 

***

 

 

あん
あん

2020年下半期は色々やることが多くて映画を観る頻度が落ちそうだけど、ながら見できるドラマ・アニメを中心に今後もプライムビデオ生活を楽しみます♪

 

Amazonプライムビデオ 無料体験はこちらから↓

>>プライム・ビデオで人気の映画をチェック!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました